間伐材を活用した教育カリキュラムの提案

提  案   
テーマ 『 間伐材を活用し夢を科学しロマンを育む!! 』
内容  間伐材を活用して、おもちゃ・遊機具・身近な木材製品の作成の為のカリキュラムを、塾・カルチャー教室や学校・幼稚園等の教育機関や地域での全国展開。

1、ターゲット
講習を受講する人  →  子供から大人迄
指導する人     →  アルバイトを考える学生等や企業等を退職した教師や社会人や林業関係者。
1、目 的
・ 現在、緊急課題として日本で問題に成っている間伐材の有効活用。
・  現在、教育現場で低下している,児童等の科学力や自然を観察する力や手先の器用さを,間伐材を活用して養う。
そして、森林からの地球の温暖化防止と生物多様性の必要性を森林や環境に優しい発電所や水源地の現地から学ぶ。
・ 企業を退職した企業人や学生達の社会と交流する機会を提供する。
1、効 果
・ 現在社会問題に成っている間伐材の有効活用の場が増える。
・ J-EVR推進する森林を活用して、地球の温暖化防止と生物多様性を学ぶ場に役立てる。
・ 森林の有効活用を考える機会を提供出来る。                 
・ 児童等に、木材を活用して科学する力や身体を上手く使う力を養い、
そして、地球の温暖化防止対策の推進と生物の多様性の必要性を学ぶ事が出来る。
・ 木材製品や地球の温暖化防止対策や生物の多様性に関心を持つ人達を増やす事が出来る。
・ 企業を退職した企業人や学生達の社会と交流する機会が出来る。
・ このシステムを高齢者介護の世界や、地域のいろんな人達の交流する仕組みに活用取り入れれば。
1、連携を考えられる機関や企業
   ・ 文部科学省、農林水産省、林野庁、環境省、総務省、各地の教育委員会等。
・ 出版社、製紙関連企業や団体。
・ 遊具(おもちゃ屋さん)関連企業。
・ 金物屋さん等。
1、特定非営利活動法人を表に立てるメリット
・ 公的機関と連携し易い。
・ 公的助成が受け易い。
・ 本事業を社会的な公共事業として確立し易い。
・ 多方面の組織と連携し易い。
・ 「環境と福祉と考える会」と連携すれば、
     ィ、目にみえる形で、温暖化防止対策役立たせられるメリットが大きい。
     ロ、地域連携や雇用問題で役立つ事が多い。

当事業に、総務省はじめ各省庁が推進するGPSを活用出来ればどの様に成るのか?

フランチャイズシステム.jpg

 


kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif