今回の東日本大震災に寄せての提案

当会は次の様な提案を行い、又、提案を実行します。

 

1、支援者(社)の目に見える支援の仕方を提案します。

  

当会は、寄付控除のシステムを活用し、行政に入る前にご協力頂き、税金の目に見える形で、迅速な対応を行ないます。( 寄付控除制度の活用方法 )

 

イ、ご支援に頂いた支援金は、添付の資料の様な活動を開始しています。支援をよろしくお願い申し上げます。

 

1、復興資金の調達と活用方法。


イ、当会の趣旨から言うと、震災復興ファンドの創設し、民間資金を最大限に活用。二酸化炭素排出量の削減に関連する企業の早期育成に役立ち、併せて、雇用の創出に役立つ、そして、海外からの資金導入が図りやすく ・ 投資家からも金の使われ方が良く見え、投資資金の使われ方にも安心できる。

 

1、首都機能を、宮城県仙台市か福島県福島市に臨時遷都させ

  事態の即時対応性を確立させ、住民や国民の不安解消に役立てる。

 

 


kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif