CO2削減への提案

温暖化防止のための省エネルギー対策

少しの工夫で温暖化防止の省エネルギー対策は可能です。
ここでは、各エネルギー別に具体的な省エネルギー対策を紹介します。

よければ、取組みに対する 温暖化対策リーフレットもご覧ください。

 
■電  力

 ● こまめに不用な電気を切る
 ● 冷暖房の温度を冷房で1度~2度温度を上げる
   暖房で1度~2度温度を下げる
 ● 二重壁の多用
 ● 二重壁の状態を造り、この空間に夏場は通気性を良くし放射熱を外部へ放出し
   居住区の室温を下げたり、冬場には気密性を良くし居住区の室温を適温に維持
                 
 ● 外壁断熱設計の活用や断熱塗料の活用
 ● 屋上緑化や側面緑化の実施
 ● ひさしを長くする
 ● 夏場には、窓辺に簾の活用 及び 窓に断熱シートの活用
 ● 夏場の打ち水
 ● 適切な省エネ機器システムの導入


■水 道 水

 ● 過剰な合成洗剤等の利用を止める
 ● 無駄な水の使用を止める
 ● 使用感の実感を下げる
 ● 水洗トイレの見直し
 ● 雨水・ため池・川の水を浄化等し有効な活用方法を考える
 ●  適切な省エネ機器システムの導入


■ガ ス

 ●  適切な火力での利用
 ● 適切な省エネ機器システムの導入  )
 ● 街路や庭園等の緑化( 輻射熱を下げる )


■灯油やボイラー

 ● 利用に対して、適切な温度管理を行なう
 ● 適切な省エネ機器システムの導入


■ガソリン

 ● 不用な時の利用を止める
 ● こまめにメンテナスを行なう
 ● 確実な省エネ機器の取り付け ( 燃焼効率のアップ )
 ● 経済性重視の運転を行なう
 ● 貨物に於いては、積荷の積載方法の見直しや、運行ルートの見直し
 ● 少量な輸送方法から、大量輸送方法へ輸送方法の変換


■ゴミの処理
 ● 分別収集の徹底
 ● リサイクル・リユ-スの決定的な志向
 ● 積極的にクールビズやウォームビズに取り組む( 夏は薄着・冬は厚着 )
 ● 究極の省エネ対策は常時身体と心を鍛える事
 

■温室効果ガスの算定事項

 ● 電気・ガス・水道等の公共料金 及び ガソリン料金の領収書には、
   その使用量に対する、二酸化炭素(CO2)の排出量を明記

 ● 算定必要事項
 イ、食物残渣  
 ロ、紙くず  
 ハ、木屑
 二、食用油 
 ホ、油化製品の廃棄物
     (  分別収集による、再資源化・ゴミの少量化 )
 へ、繊維屑
  ( 合成繊維         ・ 天然繊維            )
 ト、一般廃棄物
 チ、生活排水等や水洗トイレ等の浄化槽の利用負担(下水・し尿等の処理負担)
 リ、配送による排出量の負担
 ヌ、交通機関利用による排出量の負担
 ル、廃タイヤ

 ● リサイクル・リユ-スによる排出量の譲受

以上が具体的な省エネルギー対策です。
上記に関連する法令としては以下のようなものがあります。

関連法等 
・温対法 ・省エネ法 ・リサイクル法 ・電気事業法 ・食品リサイクル法 ・廃棄物処理法 
・浄化槽法 ・鉄道事業法 ・道路運送事業法 ・一般旅客自動車運送法 ・海上輸送法
・内航海運業法 ・建築基準法 ・環境省令 ・産業経済省令  

また、実現にあたっての運営相関図も用意しておりますので、
こちらもご覧いただけると嬉しいです。


kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif
kankyo_fukushi_1.gif